2009/09/23

横十間川

テレビドラマのロケ地には隅田川沿いがよく登場するが、先日、初めて横十間川親水公園を目にした。

この横十間川は、浅草からそう遠くはない。東京スカイツリー建設地の隣を流れる北十間川と、

Dsc00054


北で交わっている。南下していくと、萩寺で有名な龍眼寺、

Dsc00052

亀戸天神があり、しばらくして親水公園が始まる。さらに南下し、清洲橋通りを過ぎたあたりで左折すると、砂町銀座の入口に辿り着く。人気のある食べ物屋が多い。

Dsc00048


横十間川沿いには道路が走っている。親水公園内も通行できる。自転車で走るにはいい場所だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/05/18

雨の三社祭

今年の三社祭は、日曜日が雨になった。2年ぶりの宮出しだが、雨なので避け、小降りになるのを待って、大黒家を背景に狙ってみた。神輿は、仲見世を一周した後、伝法院通りに出て、大黒家で左折し、雷門通りまで練り歩く。その途中、雨は小降りになり、こんな写真が撮れた:

Img_1079

もう一枚は、梅園の看板が背景:

Img_1082


土曜日には町内の神輿が浅草寺境内に集まり、神社でお祓いを受けて、また町内に繰り出すが、今年は境内に集まる経路が変更された。仲見世を通って宝蔵門を通過してから、本堂前を避けて五重塔の方へ左折する。

Img_1070


Img_1074


そして、五重塔の前で:

Img_1075


やはり、本堂から見る景観がいいか。来年を期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

入谷朝顔市

鬼子母神は言問通り沿いにあり、入谷の朝顔市は、鬼子母神を中心として、言問通りの歩道に開かれる。言問通りを鶯谷に向かって行くと、昭和通りを越えたあたりから左側に店が並ぶ。

浅草のほおずき市でも同じだが、売り子や買っている人が写らないようにと思うと、写真は難しい。狭い歩道の人混みの中となると、あきらめざるえない。そんな中、鬼子母神の境内が広々としている。

Img_0866


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビルの合間の花火

花火の写真は、素人には難しい。目で見たとおりには、なかなか写らない。隅田川の花火は、広々したところで見ることはないので、例年、あきらめていた。今年は、ビルとビルの間から見る花火も、おつなものだと思い直し、カメラをもって花火を見物した。

花火大会の時には幹線道路が人で埋まってしまうので、移動できる範囲は狭くなる。この写真は、駒形ドジョウとバンダイビルの間から見た花火。街灯が邪魔している。ビルに写っているところが面白い。

Img_0878


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハスの咲く風景

7月下旬のある日曜の朝、自転車に乗って不忍池に行き、朝に咲くハスの花を見た。弁天堂の入り口あたりが、一番きれいなようで、写真家が多く集まっている。

Img_0896

池の周りを回って、良さそうな場所を探す。ハスの花だけでは、つまらない。弁天堂を背景においてみる。

Img_0888

一見、どこかわからないが、こちらの方が気に入っている。

Img_0890


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/13

東京湾花火の入場券

5000円払えば、東京湾花火を椅子に座って見物できるが、その入場券は、豊洲の会場を除いて既に売り切れている。7月初めから発売し、10日間ほどで売り切れるようだ。

晴海の会場では無料の整理券を発行しており、これは抽選。過去、何度も応募しているが、全敗。

券が入手できなからといっても、当日、晴海の会場には入れないことはない。少し早くに行けば、敷物を敷いて見物できる。問題は、晴海の会場は袋小路みたいなものなので、混雑がひどいことである。会場と駅の間の道路が、人で埋まったようになってしまう。

今年は8月10日実施だが、どうしようかと迷う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

堀切菖蒲園

浅草から南千住は、意外と近い。隅田川沿いの歩道を自転車で行くことになる。さらに、そこから隅田川を渡り、荒川を渡れば、堀切である。堀切菖蒲園はその橋から近い。

浅草の起点は、水上バスの乗り場近辺。ここから隅田公園内を自転車で通る。ピークを過ぎているが、あじさいがきれいだ。白髭橋まで川沿いに歩道ができている。明治通りを横切っても、川沿いを通っていけば、新しく整備された公園の中に入る。土手を走る感じで、見晴らしがよい。

隅田川が左に曲がり始め、2本目の橋に来たら、その橋を渡り、さらに行くと荒川を渡ることになる。途中、線路を横断するために陸橋になっていて、自転車を押して渡らなければならない。さすがに荒川、河川敷が広い。少年野球で賑やか。

橋を渡ってから堀切菖蒲園へは、ちょっとわかりにくい。土手沿いに右折し、最初の交差点を左折して、小さな川を渡り、その川沿いに右折。しばらく行けば、菖蒲園に辿り着く。菖蒲の時期は6月で、この時期、7月上旬では、すべて切り取られている。

帰路は同じ道を通ることになるが、白髭橋を渡って、隅田川の反対側を通ることもできる。ここでの注意は、白髭橋を渡る前に明治通りを横断して、道の右側を通ることである。隅田川の反対側は、高速道路が屋根になり、日陰で涼しい。桜橋の手前には、言問団子と桜餅の店があり、どちらかの店で休憩。その後は、桜橋を渡って、隅田公園内を通って起点に戻る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

豊洲で東京湾花火を見る

隅田川の花火は、道路に座り込んで、ビルの合間から見ることになるが、東京湾花火は、広々とした湾を背景として見ることができる。その場所のひとつが豊洲。

Dc081207

主催者は協賛金を払う人に、椅子席を用意しており、その場所が晴海、日の出埠頭、それに豊洲。打上げ場所から2キロくらい離れているため、予約券は直前までネットで購入できる。

問題は会場までの混雑度だが、乗換えの月島駅、豊洲駅の中、会場までの道路、到着は1時間前だったが、我慢できる程度だ。帰りも、終了と同時に席を立って、スムーズに豊洲駅にたどり着け、電車に乗れた。その後、大江戸線への乗換えは、月島を避け、飯田橋にしたのは言うまでもない。

混まない分だけ、花火の迫力は落ちる。開放的雰囲気は味わえるが、迫力なら、やはり晴海の会場まで行くしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/05/20

新聞社が写す三社祭

日経新聞社のニュースサイトに三社祭の光景が掲載されている。浅草寺本殿正面から撮影したものだが、撮影位置が低いので、仲見世の遠くまでよく写されている。

記事のURLは次のとおり:
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20070519NN000Y55919052007.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三社祭を写す場所

三社祭の土曜の正午頃、町会神輿が浅草寺境内に集合する。仲見世を通って、本堂正面に来る神輿は、本殿のちょうちん下が撮影の最適場所になる。正面は混んでいるから、横から本殿に上がる。しばらく待つと、だんだんと前列に顔が出せるようになる。写真が取れなくても、この光景はいい。

Dc051904

神輿は正面から時計回りに本殿を回る。本殿横は空いているから、五重塔や、花やしきを背景にしてこんな写真を取ることができる:

Dc051901

Dc051916

翌日日曜日、6時に宮出しを終えて、神輿は仲見世を通って、雷門前に出てくる。仲見世は混むが、宝蔵門を出てくるあたりで待ち構える。

Dc052004_1

その次は雷門。混む前に雷門の外へ移動。

Dc052011_1

神輿はここで担ぎ手が交代。その間に、混雑する雷門を離れる。少し離れて、雷門を背景に神輿を写す。

Dc052018

神輿は反時計回りに一周して雷門に戻るから、吾妻橋の袂の交差点でしばらく待つ。吾妻橋方面を背景に、神輿は午前の日差しを受けて輝く。

Dc052022

この後、神輿は各町内を回り、担ぎ手を次々に変えて、夜に神社に戻ってくる。来年は、この宮入を見てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«榛名神社